デルタスタジオにクリスマスがやってきた!

121505
こんにちは、いつの間にか今年もあと半月ですね。
師走というだけあって、デルタスタジオも慌ただしい毎日を送っています。
そして実は明日、寺子屋のクリスマスパーティーなのです!
クリスマスパーティに向けて教室の準備も進んでいます。
クリスマスの飾り付けや、
121504
子供達が作った窓飾り
1215012
本棚もクリスマス仕様に、
121502
そして、新しい本棚も届きました。
121506
121503
この本の量、まるでブックカフェのようですね。
パーティでは1年生が英語でクリスマスソングを歌い、4年生はファッションショー、6年生はピカソ・ゴッホ・建築の授業を予定しています。今から楽しみです!
クリスマスパーティーの様子はまた後日報告させて頂きます。
寒くなって来ましたが、皆さん風邪を引かない様にお気をつけて下さい。
それでは良い一日を!

ゴッホ展に行ってきました

main

こんにちは。

先週、生徒さんたちをつれてゴッホ展に行ってきました。バイリンガルの授業で、ゴッホの絵や人生について学びながら英語を勉強して来たので実物を見る機会がつくれてよかったです。

美術館では、ゴッホがミレーや浮世絵などを模写しながら腕を磨いたように、生徒たちにも一番気に入ったゴッホの絵を模写してもらいました。最後までゴッホの絵に興味が湧かなかった子たちもいたようですが、一度模写をはじめると生徒さんは作業に没頭し、「やってみると、凄く面白い!」と嬉しい声も。そして、15分程で5・6年生は以下のようなスケッチが。。。

①あおむけの蟹

20101126_1343351dsc00604dsc00606

②ゴーギャンの椅子

20101113_gogh4_v2

③アルルの寝室

20101126_1343352dsc006101efbc91

④アイリス

___3

生徒のみんなは周りの方々に「美術の授業?うぁー、上手いわね〜。あなたたち物凄く良いモノもってるわぁ〜。」と声をかけてもらっていましたが、私も出来の良さに驚いてしまいました。

_011

5・6年生は今建築の点火の授業を行っているので、新国立美術館の建築を見ながらの建築のプチ授業にもなりました。科学、ビジネス、建築、法律、医療、アート。。など様々な授業を受けてきたので、ひとつの場所に行っても色々な角度から話や議論ができるようになってきました。

さて、4年生は今週ファッションの授業が終わり、来週から医療の点火授業が始まります。そして、来週にはクリスマスパーティー。また授業の様子をご報告させて頂きます。

今日も素晴らしい一日を!

体に似合わず綺麗に作ってみました

dsc00121

こんにちは、今日は建築の授業で使う模型を作ってみました。

dsc00105

安藤忠雄さんが設計された「光の教会」の模型で、十字架のところがくり抜かれていて、そこから入る光の角度によって教会の中での影の見え方が変わってきます。

dsc00118

子供達にも、実際に色々な工夫をして作ってもらおうと思っています。これから次の模型に取り掛かります。

では、またご報告させて頂きます。

科学を通じて「自分の頭で考える癖」を

こんにちは。

今日、1学期の科学の点火プログラムが無事終了致しました。

feynman_apple_1

最後の授業では、ノーベル物理学賞を受賞したリチャード・P・ファインマンさんのお話をしました。ファインマンさんの父親はファイマンさんが子供のころから「知識を得ること」ではなく、「自分の頭で考えるクセ」をつけるように意識されたそうです。

例えば、ブリタニカ百科事典でティラノサウルスのことを一緒に調べ「ティラノサウルスは身長が25フィート(8M)で、頭が6フィート(2M)ほど」というようなことが書かれていると、そこで終わるのではなく、「さぁ、それがどういう意味か考えてみようか」と必ず問いかけたそうです。

dinasour2

そして、「身長が8Mということは、うちの庭に立っていたら、頭がちょうどこの窓位の高さで、僕らがいるこの部屋の中に顔を突き入れることができたということだね。でも、ちょっと待てよ、頭の幅が2Mということは頭を突き入れようとしたときに窓が粉々になってしまうか。。。」などと続けたといいます。

読んだことを知識として止めるのではなく、全て可能な限り「リアリティ」に翻訳をするように、そして自分の頭で考えるように癖をつけてくれたそうです。

もう一つのエピソードは、ファインマンさんの父親はよく森につれていってくれたそうなのですが、鳥を一緒に観察しながら、「リチャード、あの鳥の名前を知っているか?英語での呼び名はA、ポルトガル語ではB、イタリア語ではC、中国語ではE、日本語ではD。。。これでお前は全ての言語であの鳥の呼び名を知ったが、あの鳥自体に関して何も知ったことにはならない。さぁ、一緒に鳥を観察して、鳥がどのように生きているかを学ぼう」と言ったそうです。

birds

生徒さんたちに、観察をする重要性や自分の頭で考える重要性に関するエピソードとして心に残ることを願っています。

r0012753

授業の最後には、コンパスを生徒のみなさんにプレゼントしました。コンパスはアインシュタインが4歳のときに科学に興味を持つきっかけになったと言われています。

einstein

4才か5才の頃、父は、コンパスを見せてくれました。どんなに動かしても針は常に一定の方角を示しています。それを最初に見たとき、コンパスがこれほど確かな動きをするという事実が、世界に対する私の考え方を変えました。それまで私は、何かものを動かすには、それに触れなければならないと思っていました。しかし、あの瞬間、 物事の背後には深く隠された何かが、存在するはずだということに気がついたのです。アインシュタイン


生徒さんたちに本棚の片隅にでもコンパスを置いておいて貰い、コンパスを見るたびに科学の点火プログラムのこと、そして科学的思考の重要性などに関して思い出してもらえると嬉しいです。

では、今日も素晴らしい1日を!

“No Problem: An Easy Guide to Getting What You Want”

r0012739

こんにちは。みなさまお元気ですか?先週の木曜日に米国で”No Problem: An Easy Guide to Getting What You Want“(以前、ブログでもご紹介させて頂いた本)がペンギン社のvikingから出版されました。

penguin-logo-300x300

Problem Solving 101“が内容的にもビジュアル的にも10歳+の子供向けにアレンジされたものです。

キノコラバーズはロボットに。。。

r0012748

ピンキーは猫に。。。

r0012747

問題解決キッズは、モヒカン(?)キッズに。。。r0012745

生まれ変わり世界デビューを果たしました。

可愛らしく、親しみやすい仕上がりになっています。機会があれば是非、手に取ってみて下さい。

ロジア版の本も先日出版されました。ロシア語では名前の書き方(ローマ字)も変わるようです。

russia-cover1

では、今日も素晴らしい1日をお過ごし下さい。

世界一やさしい問題解決の授業 ドイツ版

みなさん、こんにちは。

世界一やさしい問題解決の授業のドイツ版が送られてきました。

今回は表紙が黄色です!

日本、中国、韓国、台湾などアジアの国々以外は全てアランサンダースさんに描いて頂いた表紙を使っているのですが、色が国によって違います。

アメリカ版は茶色、英国版はオレンジ、ドイツ版は黄色などなど。

国によって(?)、担当者によって(?)、好みの色が違うということでしょうか?

海外でも本が出版されてから、アメリカ、中国、香港、マレーシア、インド、スペイン、南アフリカなどなど様々な国々から自分の国でもデルタスタジオの活動を展開したいという連絡が来るようになりました。

まずはGB (Goosebumps; 鳥肌が立つ様な)プログラムを作り上げ、日本で良い形でしっかり広げてから、将来的には海外にも展開していければと思います。

41g3fi2ucpl_ss500_

GOTHE「日本を動かすリーダーたちが読者だけに教える超ユニーク勉強法」特集に掲載されました!(11月号)

こんにちは。みなさま、いかがお過ごしですか?

さて、今月号のGOTHEという雑誌で
弊社の教育事業の取り組みが取り上げられました。

GOETHE BUSINESS SCHOOLー日本を動かすリーダーたちが
読者だけに教える超ユニーク勉強法というコーナー(p96-101)です。
img_no200911_01
是非、ご覧下さい。

「世界一やさしい問題解決の授業」の英国版が出版されました

8月6日に「世界一やさしい問題解決の授業」の英国版”Problem Solving 101″
ランダムハウス社から出版されました。

ペンギン社から出版された米国・カナダ版とは
表紙の色と本のサイズが若干異なりますが、内容は同じです。

この本が、デルタスタジオの活動を世界に広げる何らかのきっかけになればと思っています。

ペンギン社のProblem Solving 101 (米国版)のホームページ
http://www.problemsolvingtoolbox.com/

<英国版・世界版>
51ijf3bqmhl1

<アメリカ版>
c-allan-sanders-2009-problem_solving101-753686

科学者の点火プログラム@那須高原

こんにちは。8月4日から8日まで那須高原で「科学者の点火プログラム」を実施しました!

5日間のプログラムを通して様々な実験を行い、科学的な現象を表面的に知る力ではなく、「なんでだろう?」と深堀りして考える力を磨いてもらいました。自然溢れる生活の中で五感をフルに使って、普段の生活では学べない「科学」の面白みを学んでもらえたのではないかなと思います。

また、当日は科学のプログラムだけでなく、乗馬やラフティング、釣りなどのアクティビティを行いました。
参加者の子供たちにとっても思い出深い経験となれば嬉しいです。
これからも子供たちの心に残るような点火プログラムを展開していきたいと思います!4