D&I強化プロジェクト初回グループ終了!結果は…?

こんばんは!先日ご紹介したDiversity & Inclusion強化プロジェクトですが、管理職の初回グループがつい先ほど終了しました!
ご多忙の中、2ヵ月かけて4回のセッションを受講してくださった皆さんがどう感じられたのか…
ドキドキしながら会場を後にしようとしたら、クライアントの担当者の方が帰り際に笑顔で声をかけてくださいました。
「アンケートの速報値が出ました!物凄く高得点です。研修内容4.4、講師4.7(5段階評価)!大好評です!!本当にありがとうございます!!」
真摯に、前向きに仕事に向き合っておられるクライアントさん。
“打ち上げ花火”で終えずに、真に風土への定着を目指しているクライアントさん。
毎回、セッションが終わる度にくださった改善に向けてのアドバイスのお陰で、受講者の方々にジャストフィットする内容に近づいてきました。
延べ3600人のプロジェクトはまだまだ始まったばかり。微力ながら企業風土の変革の一助になれれば嬉しいです!
今日も素敵な夜を!

Diversity & Inclusion強化プロジェクト開始!

こんにちは!今週からクライアントさんでのDiversity & Inclusion強化プロジェクトを開始しました!
経済産業省もダーバーシティ2.0を謳っていますが、いかに個々の多様な感性・能力・価値観・経験を生かし、競争力の向上に繋げていくのか?
多くの日本企業が抱えるこの重要な課題に挑戦します。
これからD&I研修・ワークショップを1回100人ずつ、延べ3600人に展開していきますが、第1回目は役職者向けに「なぜD&Iを強化すべきなのか?」そして「誰もが持っている無意識バイアスの弊害と対処方法」についての研修・ワークショップを実施しました。
・なぜCIAは世界同時多発テロを防げなかったのか?
・なぜスティーブ・ジョブズはピクサーのオフィスにトイレを1個しか作らなかったのか?
・支配型ヒエラルキーと尊敬型ヒエラルキーで意見の多様性はどのように異なるのか?
など、データやエピソードも交えて、無意識バイアスの影響、そしてオピニオンダイバーシティ(意見・視点の多様性)の重要性を受講者のみなさまと共に考え、内省をし、これから歩むべき道を議論しました。
オンラインでの実施ということで、日本全国、そして世界中のオフィスからご参加頂いております。
第2回目以降も楽しみです!
夏らしくなってきましたね。素晴らしい週末をお過ごしください!

鬼滅の刃やNiziUに匹敵するエンタメを生み出せ!

2019年度から始まった某エンタメ企業向け「事業創造人材育成プログラム」が今年も始まります。
どうすれば新しいエンタメ、そして新しい事業を生み出せるのか?
今年も、選抜された若手スター社員達と共にこのテーマに8ヵ月間挑みます。
昨年度は、日本を席巻した「鬼滅の刃」や「NiziU」も題材として、ヒットの理由を研究し、新しいエンタメを創出するヒントを探りました。
社長やスタークリエイターなどとの対話を通じて挑戦心に火を点けつつ、構想力・企画力を磨く講義や、ロジカルシンキング、デザインシンキングなどのポータブルスキルもしっかり身につけていく。
そして、これらの武器を活用し、新たな挑戦をした成果を経営陣に発表してもらうプログラム。
これまでの成果としては、新規アプリ企画を自ら会社に提案し、実現まであと一歩の方。育成プログラム期間中に10本のエンタメ企画を提出した方。最新の科学技術を活用したマーケティング手法を実践した方などなど。学びを確実に、そして前のめりな姿勢で実践に生かしてくれています。これらの企画・成果が世に出る日も近いかと。
今年も将来の日本、そして世界のエンタメを担うであろう受講生たちに会えるが楽しみです!
みなさま良い週末を!

「変わる」リーダーシッププログラム大成功!

先日、「変わる」リーダーシッププログラムが無事終了しました!
「3ヶ月で変わる」がテーマのこのプログラムは、まさにリーダーシップ版RIZA◯。

研修、Weeklyコーチングを並行して実施しながら、研修の前後で360度評価を取り、受講者が本当に「変わったか」を計測するプログラムです。
今回はある一部上場企業の役員候補向けに実施し、先日、受講者の皆さんが社長に最終プレゼンを行いました。
結果はなんと、平均92%の評価者が受講者が「より良いリーダーになった」と回答!社長をはじめ、受講者の上司の皆さんも一様に驚き、感動していました。
スタンフォード大学経営大学院教授のジェフリー・フェファー氏が著者Leadership BS(邦題 悪い奴ほど出世する)の中で問題提起をした「受講生を一時的に高揚させ、いい気分にさせてくれるだけのリーダーシップ教育では効果がない」という課題に真っ向から向き合ったプログラム。
受講者も弊社も成果にコミットした3ヶ月でしたが、今回も素晴らしい成果が出て大変嬉しく思っています!
(最終プレゼン後に記念写真をパシャり!)
そしてダイエット同様、リバウンドしては意味がありません!笑
2ヶ月後「リバウンドはしてませんか?」というサーベイ・振り返り会を行う予定です。
こちらのプログラムについて、明日、弊社渡慶次がHRカンファレンス(https://jinjibu.jp/hr-conference/202105/index.php)で講演を行います。
満員となり申し込みは締め切っておりますが、またご報告させて頂きます!
なお、プログラム概要はこちらから↓

企業向け人材育成も大盛況!年初から3ヶ月で500人!

教室で子供達に教育を届けている傍ら、企業向けチームも大忙しでした。
若手、中堅、経営者候補、そして社長まで、年初からの3ヶ月で述べ約500人もの受講者に研修を実施!
受講者アンケートでは5点満点で平均4.6点と各社でダントツの評価、人事のご担当者から「過去に例を見ない高評価でした!」とご丁寧にメールまで頂きました。
ロジカルシンキング、デザインシンキング、リーダーシップ、D&Iと多岐にわたるテーマを実施しましたが、ここでの学びを子供向けの授業にどう生かしていくか、社内で侃侃諤諤の議論をしているところです。
そして今日から新年度!ということで、来週からは新入社員研修ラッシュがはじまります。
金融、エネルギー、製薬、エンタメ等、様々な企業のフレッシュな新入社員の皆様にお会いできるのが楽しみです!
今日も素晴らしい1日をお過ごしください!

怒涛の研修月間!D&I・リーダーシップ・社会人基礎力研修を開発&実施

こんにちは!段々と肌寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

10月は企業向けチームにとって、怒涛の研修ラッシュとなりました。

ダイバーシティ&インクルージョン研修、リーダーシップ研修、社会人基礎力研修の開発から実施まで、朝から晩までフル稼働の1ヶ月でした。

南は九州、北は北海道、さらに今回は、台湾、インドネシア、さらにはブラジルまで海外からの受講生も加わり、オンラインならではの研修となりました。

写真は渡慶次と日浦が別室で2クラス同時開催している様子をパシャリ!

どの研修も、これからの時代のビジネスパーソンに必須のマインド・スキルである手応えを感じた企業チーム。

そして、この知見を子供向けの授業にどう注入していくか、教育チームにも大きな刺激となっています。

子供から社会人まで「これから必要な教育」の追求に邁進していきます!

皆様どうぞ素敵な一日をお過ごしください。

日浦が正式に企業研修講師デビュー!企業向けチーム拡充中!

こんにちは!
この3日間、某エネルギー会社で若手向け節目研修をOnlineで行いました!
テーマは内省力や論理的・創造的課題解決力など。
今回の講師は渡慶次と日浦だったのですが…今回が日浦の記念すべき企業研修講師デビューでした!
経営コンサルティング会社で経験を積んできた日浦、堂々たる講師デビューを果たしてくれました!(その勇姿は是非ビデオをご覧ください!)
そして、渡慶次も更にトーク力・ファシリテーション力に磨きがかかり、今や人気講師です。
今日の研修終了後は45分間も受講者の方々が自主的に残り、渡慶次に質問・アドバイスを求めていました。
今では代表の渡辺が教える研修は10%未満となり、組織として研修を届けられるようになりました。
そして、戦略立案ワークショップ、経営陣向けExecutiveコーチング、全社イノベーション強化プロジェクト展開、人材要件設計など…経営・人材育成関連の様々なプロジェクト依頼を頂くようになりました。
デルタスタジオの企業クライアント向けチームを拡充し、GBな(鳥肌が立つような素晴らしい)仕事を届けられる体制を整えていければと思っています。
子供も、大人も必要とされている力の根っこは同じ。
企業向けの経験が子供達の教育にも必ずや繋がってくると信じています。
「我こそは!」という方、是非ご連絡を頂ければと思います!
素晴らしい夜をお過ごしください!

三井物産でオンライン研修を実施!

こんにちは。緊急事態宣言が延長されましたがみなさんはいかがお過ごしですか?
こんな事態の中でも「学びをとめるな」の考えのもと、集合研修をオンライン研修に切り替えて実施しております。

デルタスタジオ初のオンライン研修は、12年間以上継続的に人材育成やプロジェクトのお仕事をさせて頂いている三井物産で!
128名の新入社員の受講者に対してロジカルシンキング・ライティング研修を実施させて頂きました。

前半は弊社が基本的な考え方を講義した上で、後半は三井物産流の議事録の書き方を先輩社員が指導してくれるプログラム。
弊社と三井物産がタッグを組んで力を合わせて教えるプログラムとなっており、弊社メンバーも毎年楽しみにしている研修です。
三井物産側の講師である育成担当の常陸さんの受講者への厳しくも温かい指導、そして鋭く的確なコメントを横で聞かせて頂いて、いつも「うーん」と唸らされ、学ばせて頂いています。

初のオンライン研修でドキドキでしたが、チャット機能やブレイクアウトルーム(受講生同士が個別に分かれて議論ができる機能)を生かすことによって、想像以上によい研修となりました。テクノロジーの進化って素晴らしいですね!
この技術を使えば、数百人、いや1000人でも同時に効果的な研修を行なえるのではないか…と色々な可能性を感じました。これを機に、より多くの方々にデルタスタジオの研修を届けられないか検討をしたいと思います。

ということで、緊急事態宣言は長引いていますが、三井物産以外にも大手銀行で思考系研修、エンタメ会社でマーケティング研修などなど沢山の研修を行い忙しい日々を過ごしております。

お身体を大事にお過ごしください。

デルタスタジオもリモートワーク中!

こんにちは。
いよいよ5月、日増しに暖かくなる中、初夏の訪れを感じます。
新型コロナウイルスで大変な状況が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言から約1ヶ月、デルタスタジオも4月頭から全面的に在宅勤務となっています。
やむを得ず始まったリモートワークですが、制約のある中でも効率的に、楽しく仕事ができるようみんなで工夫しています。
離れて仕事をする日々、画面越しでもスタッフ皆で顔を合わせて話ができるとホッとしますね。
写真はそんな会議の一コマになります。

現在デルタスタジオでは生徒の皆様の健康と安全を考慮し、授業を休講させていただいております。
そのような中でも、じっくりと腰を据えたコンテンツ開発や今後の方向性の議論など、今だからできることはたくさん!
しばらくは我慢の時ですが、授業再開の際にはより進化したデルタスタジオをお届けできるよう、スタッフ皆で努めてまいります。


なお、企業向けでは、オンラインで4社の新人研修を担当させて頂きましたが、こちらはまたご報告させて頂きます!

このような状況が一日も早く終息し、皆さんとまたご一緒できる日を心から楽しみにしております。
自粛が続く中ではありますが、家の中でも充実した連休をお過ごしください!

「挑戦と創造」追体験セミナー 〜三井物産様とのプロジェクトのご紹介〜

この12年間、人材育成やプロジェクトのお手伝いをさせて頂いている三井物産様との取り組みの1つがONE CAREERの記事になりました!

「就活生にどうしたら三井物産の仕事の醍醐味を伝えられるか?」という課題を解決するべく、商社パーソンの仕事を追体験できるセミナーを人事の皆様とゼロから一緒に企画させて頂きました。
説明会やOB・OG訪問だけでは分からないリアルな姿を体感できるセミナーと好評で、なんと年間100回以上、述べ約1万人にご受講頂いております。

 

弊社のことを記事では以下の様にご紹介頂いています!

インタビュアー:このセミナーは、清水さんが一人で作ったのですか?
清水(三井物産様 担当者):「デルタスタジオ」という、情熱的でプロ意識の高い教育・人材育成の会社の2人に協力していただきました。
この2人はそれぞれコンサルと投資銀行の出身なのですが、彼らの目から総合商社の仕事を見てもらうと、「それって商社だからできることですね」とか、「これは三井物産パーソンの魅力ですね」といったフィードバックがあるのです。
案件の情報や逆境の内容などは、三井物産のリアルそのものなのですが、2人のフィードバックがあったおかげで、私だけではたどり着けなかったセミナーになりました。3人で熱い議論や試行錯誤をしながら作り上げたという意味では、「総合商社×コンサル×投資銀行」によるセミナーと言えるかもしれません。

商社志望の方はもちろん、社会人になる上での学びが沢山詰まったセミナーです。
就活生の皆様、ぜひご参加ください!

記事はこちらから御覧ください。