初代生徒たちにインタビュー!

こんにちは!初代生徒の3人のインタビュームービーを作成しましたので、是非こちらからご覧ください!

撮影当日は、当時の写真を並べながら大盛り上がり!
「ビジネスの授業では本当に利益が出るかヒヤヒヤしたよね」
「映画の授業でETのシーンを、めちゃくちゃこだわってリメイクしたなぁ…」
「マーク・ジェイコブスの授業を受けて、こんな風にいろんな国をまたいで仕事をしたい!と思ったことをすごく覚えてる」
などなど、懐かしい思い出話に花が咲きました。
3人には、このショートムービーには納められないほど、熱くデルタへの想いを語っていただきましたので、その一部をご紹介します!

卒業から10年以上が経ち、デルタスタジオでの経験をどのように捉えているのでしょうか?

まずは春から某不動産会社で社会人生活をスタートした、ここちゃん!ここちゃんにとってデルタは、“自分は何が向いているのか?本当に何が好きなのか?を見つけられる場所”だったとのこと。常に新しい考えに触れる環境に身を置けたことで、”刺激を受けることが好きな人間”に成長したと感じているよう。
特に印象に残っているのは「ビジネスの授業」で、普通の小学生は“受け手”に留まる中、“作り手”としてお店の裏側を知り、その楽しさを体感できたことのようです。

つぎは、大学のアメフト部で頑張るようくん。鮮明に覚えているのは「映画の授業」で、今でも動画編集など、自分のモノ作りへの興味やこだわりにつながっているようです。
当時も小学生ながらETの映画のワンシーンを再現した後に「もっと何かできたかな?」「さらにクオリティの高いものを作りたい!」と強く思ったと、振り返っていました。
映画の授業で実際に自分たちで考え、撮影をする中で、探究する面白さを知ったとのこと。某大学のアメフト部のプロ並みのビデオの監督・撮影・編集をしているのはようくんです!

最後は、秋から大学院でサステナビリティについて学んでいるまいちゃん。高校・大学とロンドンの学校に通う中で、授業では常に自分の考えを問われ、意見を伝えることが求められたとのこと。「これがまさにデルタが鍛えてくれていたことだと気づいたんです!」と話してくれました。海外での授業ではもちろん、日々何か課題に直面した時にもデルタで学んだロジカルシンキングが役立ち、社会をより良く変えていきたいという意欲につながったという頼もしいコメントも!

それぞれの道を進む卒業生の活躍がこれからも楽しみです!

ファッションの秋!漫画の秋!映画の秋!

こんにちは!食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋…皆様はどの様な秋をお過ごしですか?
デルタスタジオでは、2学期の点火プログラムとして、ファッション、漫画、映画の授業を行っています。
 
点火プログラムでは、偉人や素晴らしい作品から学びながら、模倣と創造に挑戦することで、情熱や才能に火を点けます。
 
ファッションの授業では、ココ・シャネルの人生を紹介した上で、アイデアの作り方を学びオリジナルエコバッグの制作に取り組みました。
「女性がズボンを履けるようになったのはシャネルのおかげなんだ!」「世の中の常識を変えたなんてすごい!」など、シャネルの人生から様々な学びがありました。また、面白いアイデアを素材としてデザインを考え、オリジナルエコバッグを作りました。生徒たちは完成したバッグを見て「来週からデルタ用に使う!」「家族にプレゼントしたい!」など大興奮でした。
 
漫画の授業では、藤子・F・不二雄さんをテーマにドラえもんの面白さを探究し、オリジナル漫画制作に取り組んでいます。キャラクターやストーリーの作り方を学び、自分で考えたひみつ道具を元にオリジナル漫画を作っていきます。
 
映画の授業では、『ホーム・アローン』のワンシーンの撮影に挑戦しています。大笑いしてしまう程面白いシーンを、自分たちもプロそっくりに作ることができるのか!?模倣を通じて映画の作り方を学んだ上で、オリジナル映画を制作します。
 
それぞれの授業で、どんなオリジナル作品が出来上がるか楽しみです!
皆様、良い週末をお過ごしください!

東大アメフト部出身 元デルタスタッフ達の挑戦!

こんにちは!デルタスタジオでは代々、東大アメフト部の選手が引退後に学生スタッフとしてインターンをしてくれています。
そんな元スタッフたちが偶然、同時期にそれぞれ転職や留学など、次の挑戦の前に挨拶に来てくれました!

元主将で、社会人リーグのIBM BIG BLUEでも活躍した土井田は三井物産からMITに留学。
この度、会社を飛び出し、米国の話題のユニコーン企業(1000億円以上の企業価値がある会社) “Thrasio” へ転職し、New Yorkに移住することに。
日本で育ち、リーダーシップを発揮してきた男のグローバルな舞台での新たな挑戦。
大変なことも多々あるかと思いますが、我々も楽しみです!

 

そして、土井田の1個下の元副将、同じくIBM BIG BLUEでもプレーした高木。
現役時代はクォーターバックとして活躍。鎖骨を折りながらもプレーを続け、慶應大学に逆転勝ちを収めるようなタフな男です。
高木は三菱商事に入社後、ベトナムでの海外勤務を経て、この度ドリームインキュベータという経営コンサルティング会社に転職。

さらに、高木の1個下である佐藤と高橋は今年から同時に留学することに。
佐藤はJR東海からYale大学のビジネススクールへ留学。
高橋はJICAでエジプトに駐在し、運輸交通・エネルギー分野で開発支援の仕事をした後、都市計画についてさらに学ぶため、イギリスのUCLへ留学。

デルタスタジオの生徒達が成長し、活躍する姿も嬉しいですが、デルタスタッフの活躍・挑戦も同等に嬉しいです!
我々も元スタッフに負けないよう、より一層、良い教育を作り、広く届けていきたいと思います。

よい週末を!

(マスクを外して記念にパシャリ!)

卒業生5人が学生スタッフとして大活躍!

こんにちは!先日ご報告したサマースクールでは、デルタスタジオの卒業生5人が学生スタッフとして参加してくれました。
先生たちよりも年齢が近い「お兄さん」「お姉さん」たちは生徒から大人気!
そして、学生の皆さんは、授業のサポートをしながら、生徒とかつての自分たちを重ねていたようです。
感想を聞いてみると、
“自分たちが挑戦したデルタチャレンジに、今度はスタッフとして参加できてすごく嬉しいです!”
”昔の自分たちを見ているようで感慨深いものがありました!”
”当時の先生たちの苦労が痛いくらい分かりました。笑”
といったコメントが。
自分たちで企画し、実行する日帰り旅行チャレンジや、黒ひげ危機一発を分解するエンジニアの授業、本物の豚の心臓に触れる医療の授業など、当時のドキドキやワクワクした記憶はいまでも鮮明に残っているようです。
デルタスタジオも創業から14年。
かつての生徒たちがスタッフとして戻ってくるなど、少しずつ歴史が積み重なっていることを感じます。
これからもデルタスタジオでの繋がりを大切に広げていければと思います。
素敵な週末をお過ごしください!

サマースクール大盛況!2年前の15倍に!

こんにちは!
先日は中秋の名月でしたが、皆さんもお月見を楽しまれたでしょうか。
今年のサマースクールもたくさんの方にご参加いただき、大盛況に終わりました。
参加人数は2年前と比べると15倍!たくさんの生徒にデルタスタジオの教育を届けられたこと、大変嬉しく思います。

今年のサマースクールで新たにチャレンジしたことは大きく2つ。

1つ目は「どっぷり浸かる4日間コース」
普段は通塾できない方でも、夏休みなどの長期休みに1年分の点火プログラムを体験できるコースを実施しました!
まさに”探究の夏”として、医療・漫画・エンジニア・ファッションなど、様々な刺激にどっぷり浸かっていただきました。

2つ目は年中・年長さん向け「はじめてのシリーズ」
この夏はメニュー決めからお買い物・調理まで 全て自分たちで挑戦する「はじめてのおつかい」と、楽しい実験の中で「なぜ?」を一緒に考え科学的思考を磨く「はじめての科学実験」を行いました。
サマースクールでの大好評につき、今後も年中・年長さんにご参加いただける「はじめてのシリーズ」を企画予定です。
随時ご案内をしますので、どうか楽しみにお待ちください!

急激な拡大に対応する中で、運営上至らぬ点もありましたが、しっかりと反省し、今まで以上にチームで気を引き締め尽力いたします。
これからもさらに多くの皆様へとデルタスタジオのプログラムを届けるべく展開していきたいと思います。

最後に、今年のサマースクールはコロナ禍での開催となりましたが、しっかりと感染防止対策をとり、参加者の皆様にもご協力いただきながら無事開催ができたこと、改めてお礼申し上げます。
それでは、素敵な週末をお過ごしください!

D&I強化プロジェクト初回グループ終了!結果は…?

こんばんは!先日ご紹介したDiversity & Inclusion強化プロジェクトですが、管理職の初回グループがつい先ほど終了しました!
ご多忙の中、2ヵ月かけて4回のセッションを受講してくださった皆さんがどう感じられたのか…
ドキドキしながら会場を後にしようとしたら、クライアントの担当者の方が帰り際に笑顔で声をかけてくださいました。
「アンケートの速報値が出ました!物凄く高得点です。研修内容4.4、講師4.7(5段階評価)!大好評です!!本当にありがとうございます!!」
真摯に、前向きに仕事に向き合っておられるクライアントさん。
“打ち上げ花火”で終えずに、真に風土への定着を目指しているクライアントさん。
毎回、セッションが終わる度にくださった改善に向けてのアドバイスのお陰で、受講者の方々にジャストフィットする内容に近づいてきました。
延べ3600人のプロジェクトはまだまだ始まったばかり。微力ながら企業風土の変革の一助になれれば嬉しいです!
今日も素敵な夜を!

1学期の振り返り:デルタチャレンジ〜七夕オークション開催!〜

こんにちは!
9月に入り、少しずつ秋の気配を感じられるようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
デルタスタジオでは都内・軽井沢でのサマースクールが大盛況に終わり、週明けから2学期がスタートします。
新学期に入る前に、本日は1学期に行ったチャリティオークションの授業の様子をご紹介させていただきます!
高学年クラスでは、デルタチャレンジの一環として、チャリティオークションパーティーを企画しました!
自分の“得意”を活かした出品を考え、お客さんにも楽しんでもらえるパーティーを自分たちの力で実現します。
生徒たちが設定した目標金額は¥15,000。果たして目標達成となるのでしょうか?
今回のテーマは7月7日の開催ということで、七夕をテーマに飾り付けを行いました。
教室は天の川や笹をモチーフでいっぱいになり、いつもと雰囲気がガラリと変わった教室での開催です。
肝心のオークションではどんな出品が出たかというと…
手作りのスマホスピーカーや色ぬりレッスンなど、内容はさまざま!
過去の授業で学んだことを活かした、オリジナルコマ撮りメッセージやLINEスタンプなども人気を集めました。
そんな中でも今回1番人気だったのはYくんの「なわとび名人も夢じゃない!?なわとびレッスン」です。
なわとびが得意なお兄さんに教えてもらえるということで、ぼくも!わたしも!とちびっこたちによる入札が相次ぎました!
「ここでしか手に入りませんよ!」「最高額がでました!」などオークショニアの声掛けもあり、会場は終始大盛り上がり。
結果、集まったお金は¥36,589にも及び、目標を大きく上回ることができました!
頑張って集めたお金の最終的な寄付先は、生徒によるプレゼンにより決まります。
クラスは「日本ユニセフ」と「WWF Japan」の2チームに分かれ、「どうして寄付するべきなのか?」というスピーチを考えてきました。
自分たちの提案する寄付先を選んでもらうべく、想いを込めたプレゼンの結果、より多くの票を集めたのは…日本ユニセフチーム!
今回の寄付金は日本ユニセフ協会様へとお届けしました。
ご担当者様からは、こんな嬉しいメッセージもいただきました。
===
この度は、生徒の皆さまから世界の子どもたちへ大変力強い想いが込められたご支援をお寄せいただきましたこと、心より感謝申し上げます。
チャリティオークション授業のビデオを拝見いたしました。
イベントの企画から実施、集金や送金までに至るすべてのプロセスにおいて生徒の皆さまが主体的に熱心に取り組んでいる姿が印象に残っています。
皆さまの熱意とパワー、そして何よりも、皆さまからの「一番ユニセフの活動が大切だと思い、共感しました」というメッセージ、大変光栄です。
あらためまして、素敵なご企画を誠にありがとうございます。
生徒の皆さまからお預かりした貴重なご寄付は、世界の子どもたちの命と未来を守るユニセフの活動に大切に活用させていただきます。
===
今回はコロナ禍の影響もあり参加者を絞っての開催予定でしたが、そんな状況の中でもデルタキッズは自分たちにできることを考え抜きました。
「もっとたくさんの人にも参加してほしい!オンラインで参加してもらえないかな?」と生徒からの発案があり、当日は急遽、会場をオンラインで繋いでリモートでもお客さんに参加していただきました!
新型コロナの影響で、我慢が強いられることも多い状況ですが、生徒たちの学び・挑戦は止まりません。
これからも様々なチャレンジを通じて、逞しく人生を切り拓く力を育みます!
皆さま、素敵な週末をお過ごしください!

Diversity & Inclusion強化プロジェクト開始!

こんにちは!今週からクライアントさんでのDiversity & Inclusion強化プロジェクトを開始しました!
経済産業省もダーバーシティ2.0を謳っていますが、いかに個々の多様な感性・能力・価値観・経験を生かし、競争力の向上に繋げていくのか?
多くの日本企業が抱えるこの重要な課題に挑戦します。
これからD&I研修・ワークショップを1回100人ずつ、延べ3600人に展開していきますが、第1回目は役職者向けに「なぜD&Iを強化すべきなのか?」そして「誰もが持っている無意識バイアスの弊害と対処方法」についての研修・ワークショップを実施しました。
・なぜCIAは世界同時多発テロを防げなかったのか?
・なぜスティーブ・ジョブズはピクサーのオフィスにトイレを1個しか作らなかったのか?
・支配型ヒエラルキーと尊敬型ヒエラルキーで意見の多様性はどのように異なるのか?
など、データやエピソードも交えて、無意識バイアスの影響、そしてオピニオンダイバーシティ(意見・視点の多様性)の重要性を受講者のみなさまと共に考え、内省をし、これから歩むべき道を議論しました。
オンラインでの実施ということで、日本全国、そして世界中のオフィスからご参加頂いております。
第2回目以降も楽しみです!
夏らしくなってきましたね。素晴らしい週末をお過ごしください!

「Jリーガーから学ぶLife Lesson」大盛況にて終了!

こんにちは!
梅雨らしいお天気が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
先日、Jリーガーとのコラボ企画が大盛況にて無事終了しました。
当日の様子をご報告させていただきます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〔DAY1 Jリーグの試合生観戦!〕
日曜日は、小学生をJリーグの試合観戦にご招待しました。
初めは雨が降っていましたが、子供達は雨を気にすることなく、真剣に観戦・応援してくれました!
目の前で見る選手達に、子供達は「テレビで見るより迫力がある…」、「かっこいい!!」と、楽しそうに話してくれました。
試合後には、選手がピッチから子供達に手を振ってくれて、子供達はニコニコ!とても嬉しそうでした。
そして最後に、マスクを一瞬外してパシャり!子供達にとって思い出に残る1日になったのなら嬉しく思います。

〔DAY2 オンライン講演会「Jリーガーから学ぶLife Lesson」〕
月曜日のオンライン講演会には、100名を超える方々にお申込みいただき、
日本国内にとどまらず、マレーシアや香港など、海外からも講演会にご参加いただきました!
講演内の「質問・お悩み相談室」コーナーでは、たくさんの子供たちがJリーガーに質問・悩みをぶつけてくれました。
「試合に勝ったら何か貰えるんですか?」という可愛らしい質問から、「テニス選手になることが夢です。お母さんは努力をすればなれるというのですが…本当ですか?」という質問まで…様々な質問・悩み相談が飛び出しました!
子供たちが真剣に選手のアドバイスを聞いている目は、画面越しでも、キラキラと輝いていました。
選手達の言葉が、少しでも子供達の心に残れば嬉しく思います。

今回の企画にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
そして、Roots.のみなさん、更には企画のお手伝いや町田・愛媛戦の引率リーダーを勤めてくれた元デルタ生徒のキョンちゃん、ありがとうございました!
それでは、素敵な週末をお過ごしください。

海外ヘッジファンドからのインタビュー!

こんにちは。昨夜のJリーガーたちとの小学生向けイベントとは打って変わり、今日は代表の渡辺が海外ヘッジファンドのインタビューを受けました。

きっかけは、渡辺の米国留学/勤務時代の同期でありルームメイトの一人でもあった友人からの依頼。
問いかけられた質問は…
1. 日本企業の経営者の頭にある最重要課題は何か?
2. 日本経済そして日本企業の将来性は?変革は起きているか?そのスピードは十分か?
3. なぜ優良企業・大企業を飛び出す若者が増えているのか?終身雇用制度は崩壊するのか?
4. 日本の教育の課題は?今後どのように変わっていくべきなのか?
5. なぜデルタスタジオを立ち上げたのか?何を成そうとしているのか?
などなど、合計13個。
忙しく子供向けの教育や企業向けプロジェクトに没頭する日々ですが、改めて視線を引いてマクロ視点で日本経済や日本企業の課題と可能性を考え、デルタスタジオとしてのミッションや活動を振り返る貴重な機会となりました。
そして、改めて子供向けと企業向け両方の教育に取り組んでいることによる意義や効果を痛感しました。
時代の流れをいち早く企業での仕事で感じ取り、そこでの学びを子供への教育にいち早く生かしていく。
世界で最先端且つ効果的な教育を開発し、届けられるよう精進します。
インタビュー・撮影場所は皇居が一望できるペニンシュラホテルのスイートルーム。
ヘッジファンドは豪華ですね…観光者気分で写真をパシャり。
取材の最後には晴天に!
今日も素晴らしい1日を!