blog

delta studio|デルタスタジオ - what is your delta?

2013.05.29

エジソン X エンジニアの点火

thomas_edison

こんにちは。6年生も現在エンジニアの点火の授業を行なっています。

エジソンの伝記を読み進めながら、エジソンの人生から学び、同じ挑戦をしていきます。

今日の授業のテーマは電球。

edison01

どのような素材がフィラメントに適しているか、仮説を立て、実験を繰り返しました。

e58699e79c9f1

生徒全員が試行錯誤の末に無事竹を炭化させ、フィラメントを作ることに成功しました。

授業の最後には

「発明をするためには、豊かな想像力とゴミの山が必要だ」

「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう1回だけ試してみることだ」

というエジソンの言葉について議論をし、各自自分のあり方を振り返りました。

エジソンの言葉は生徒たちの心にすっと入っていったようです。

生徒のみんなが将来どの道に進むことになっても、このメッセージを忘れずに人生を歩んでいってくれれば嬉しいです。

最後に、ある生徒の授業の感想文の抜粋を掲載させて頂きます。

★ ★ ★

  私はエジソンの授業で心に残った事が大きく分けて2つあります。
  一つ目はエジソンの人生です。エジソンは子供時代好奇心旺盛でした。私も母に聞くと幼稚園時代は好奇心旺盛だったようです。母が苦手な犬を1時間くらいずっと観察していたり、ジャガイモをくさるまで家の中においていたりしました。私がやることはどれもとてもにおいがすごかったり、きもちわるかったりしたようですが母は決してとめずに私についてきてくれていました。まるでエジソンの母親のようでした。

  エジソンは決してあきらめませんでした。今の私はすぐあきらめてしまい、こうかいしたことが今まで百個ぐらいあります。それはそれはくやしくて泣いた時もあります。でも、今回の授業の中の「発明するためには、豊かな想像力とゴミの山が必要だ」という言葉であきらめない心をもたないといけないなと思いました。
  二つ目は、実験です。前にも書いた通りエジソンは好奇心旺盛でなんどもあきらめずにやりました。そして、モールス信号(に没頭したり)、電球のフィラメントを作ったりしました。私は今回の授業の中で好きな授業はどちらかというとフィラメントの方です。自分で一からやったので達成感があって楽しかったからです。(中略)
  私は、今回のエジソンの授業で実験などをして自分でやることの楽しさを学びました。家でもぎ問なことは自分で調べたりしてみたいと思いました。

★ ★ ★

では、今日も素晴らしい1日をお過ごし下さい。

2013.05.08

黒ひげ危機一発 x エンジニアの点火

e58699e79c9f-e381aee382b3e38394e383bc-11

こんにちは。今日の3年生の点火の授業では、黒ひげ危機一発の分解・組み立てをしました。

まずは遊びながら黒ひげ危機一発の特徴を学び、

e58699e79c9f-e381aee382b3e38394e383bc-8

「どのような仕組みで海賊が飛び出るようになっているのか?」

「なぜハズレは1ヵ所しかないのか?」

「どうして海賊の頭を回すと毎回答えが変わるのか?」

e58699e79c9fefbc92

など玩具の仕組みを考えた上で

e58699e79c9f

分解をしました。

e58699e79c9f-e381aee382b3e38394e383bc-7

これからも引き続き色々な玩具や機械を分解していきます。

e58699e79c9f-e381aee382b3e38394e383bc-6

では、今日も素晴らしい1日をお過ごし下さい!

2013.05.07

野球盤の分解

e9878ee790831

こんにちは。今日も素晴らしい天気でしたね。

さて、この玩具懐かしくないですか?

今日の4年生の点火クラスではエンジニアの授業の一環として「野球盤の分解」を行いました。

「投球の仕組みは?」

「変化球の仕組みは?」

「消える魔球の仕組みは?」

「バットを振る仕組みは?」
生徒のみんなは仕組みを予想した上で、
e58699e79c9f-e381aee382b3e38394e383bc-4
無我夢中でドライバーを使って
e58699e79c9f-e381aee382b3e38394e383bc-3
分解をし、
e58886e8a7a3
中を良く研究した上で
e9878ee790832
ノートに仕組みを書き出し
e58699e79c9f-e381aee382b3e38394e383bc-2
無事元通り組み立て直しました。一度分解をする楽しさを知ってしまうと、やめられません。
家でペンや時計などなんでも勝手に分解をしてしまい、親に怒られる子も。
ライト兄弟のように若いころに分解を体験することで、好奇心に火をつけ、思考力を磨くきっかけになれば嬉しいです。
では、今日も素晴らしい1日をお過ごし下さい!